母乳育児の結果、元気いっぱい育っています

子供が生まれる病院では母乳育児を推奨していることが多いです。母乳には絶対的な栄養が詰まっており、また母乳を吸ってもらうことで妊娠で大きくなった支給を戻すという効果があるそうです。私は幸いたくさん母乳が出るほうで、母乳を出すのは苦労しませんでしたが、それでも産後の入院中、助産師さんによる乳房マッサージはとても痛かったです。

母乳が出ない人であれば、母乳が出るようにと乳首のマッサージなどもっとたくさんすることがありたいへんだと聞きます。母は妊娠中も出産後もとても大変です。私の母乳はその後もたくさん出続け、授乳時間がだんだんあくようになったころには、搾乳しないと母乳パットを通り越して、母乳が漏れてしまい大変でした。完全母乳で育った子供はお母さんの免疫を受けて育つといわれる1歳ころまでほとんど病気をしたことがありませんでした。

かといって、ミルクで育った人と比べることはできないので、ミルクが悪いとは言えません。ですが、うちの場合は母乳を飲み続け、元気いっぱい健康に育っています。

ハンドクラフト始めました

趣味といえば読書しかなかった自分ですが、最近ハンドクラフトを始めてみました。

きっかけは雑誌で見た刺し子の布巾です。日本古来の伝統柄を一目一目丁寧に差し込んでいく技法にとっても興味を惹かれました。それに、最低でも糸と針と布さえあればできるんです。とってもリーズナブルだし、少しの時間を見つけて、すぐに取り掛かることもできる。場所もとらない。いいことづくめです。

図書館に行って初心者向けの本をかりてきて、一通り勉強しました。難しい専門用語はほとんどなかったので、素人に近い自分でも簡単に理解することができました。難しいことをわかりやすく説明できるのってすごいです。

それに何より今はインターネットでなんでもできるのが素晴らしいですね。手芸用品もオークションで安く入手することができます。それに動画サイトでプロの作家さんが作業工程を、動画にしてupされているんです。百聞は一見にしかずとはまさにこのことです。文章だけではイメージできなかった部分が、丁寧な解説付きで再現されているのでわかりやすいんです。

今は刺し子と刺繍だけですが、そのうち編み物を始めたいですね。難しいものは作れないけど、毛糸のキャップを作れるようになりたいです。

それぞれの幸せ自慢によって同窓会に生まれる格差

同窓会で久々に同級生に会うと、懐かしさや楽しさと共に、複雑なパワーバランスの上に立っていたかつての時代を思い出してしまって、複雑な気分にもなります。集団の中で目立ちたいタイプの人は、大人になってもそのままで、無意識にも意識的にもマウンティングをとってくるので油断なりません。先日の同窓会では楽しい宴の席が、数人の何気ない発言によって突如凍り付くようなシーンもあったりして、一参加者としてヒヤヒヤさせられました。

結婚のこととか家族のこととか、仕事のことを話す時には、私も慎重に言葉を選ぶようにしています。不用意に話すとどこで地雷を踏むかわかったものではありませんし、自分の発言が同窓会格差を生み出す原因になるのも嫌ですし。

地元組と上京組の微妙な張り合いや、独身の同級生に対する既婚者の幸せアピールの流れに巻き込まれないように、好きな食べ物やテレビ番組の話題で、無難に場を切り抜ける道を目指すより他ないといった感じです。あの全方向に気を遣う、一部の女子による幸せ自慢のターンがやってこなければ、平和で楽しい会だったで終わるのに残念です。

参考サイト 同窓会格差と行かない・行きたくない心理について。我々は同窓会とどう向き合うのがベストなのか?